礼拝説教要旨「東の国からやって来たマジシャンたち」(マタイ2:1-12)

2021年12月26日
降誕節第1主日

聖書

マタイによる福音書 1章1-12節(新約P.2)

説教 平良愛香牧師

「東の国からやってきたマジシャンたち」

 

イエスを拝みに来た東の国の占星術の学者たちは、権威のある学者とも言えるが、ユダヤ人から見ると、うさん臭い人たちでもあった。占いは偶像崇拝の一つの在り方だと考えられ、卑しいこととされていた。この学者たちはギリシャ語で「マギ」魔術師だったと書いてある。マジックの語源。ユダヤ人たちは、「自分たちこそ選ばれた民である」という自負があった。しかし、いざ救い主が誕生したときそれを知ったのはユダヤ人たちではなく、ユダヤ人たちが見下す東の国のあやしいマジシャンたちだった、これはユニークであり、またすごい皮肉でもある。

ではユダヤ人たちは本当に気づかなかったのか?実はマジシャンたちはちゃんと王宮まで行って教えた。ユダヤ人たちもわざわざ学者が集まり、ミカ書にベツレヘムの預言を見つけた。ところがユダヤ人たち、救い主の到来を信じていた人たちが、その預言を信じなかった。「自分たちに分かるようにそれが起こる」と思っており、自分たちに気づかないような出来事なら誤報だと思ったのかも。でもそれ以上に、「怪しげなマジシャンの情報なら、それに同調するほどのことではない」といったプライドが邪魔をしたのではないだろうか。自分たちこそ神に会える、と思っていた人たちは、自分の力や地位、経験などに頼ってしまった。だから、本当にイエスが生まれたとき、そのニュースを聞いたにも関わらず、そこの赴くということをしなかった。

東の国の学者たちがエルサレムに来て、「救い主」を尋ねたとき、ヘロデ王だけでなくエルサレムの人々も不安を抱いた、と書いてある。裕福な人たちが、その足元を揺さぶられることを怖れた、ということもあるだろう。けれど同時に、さげすまれ、ヘロデの圧政の中で恐怖に支配されていた人たちも不安を感じたと言える。これ以上何も起こって欲しくないのに、何かが起こる。不安に支配されている人たちは、なかなか不安を乗り越えることができない。ただじっと、時が過ぎるのを待つしかないのだろうか。

けれど、東の国から来たマジシャンたちは違った。何か不思議な事が起きている。闇に満ちた現実社会の中で、何かが起きている。それは、不安ではなく、喜びである。それを信じることができた。だからイエスに会えた。救いを知った。

道を変えた。生き方が変わった。怪しげなことをやめたわけではないだろう。でも生き方が変わっていく。それがマギたちが体験した事。同時に、やがて救いはエルサレム中に、アジア中に、世界中に広がっていった。救いを見た人たちによって、聞いた人たちによって。